toggle
2017-02-24

Milleの”オーガニックカラー”について その2

こんにちは!katsuです。

前回のブログの続きです。

では、「低刺激、低アルカリ、低ジアミン」を採用の理由としていることについて書いていきたいと思います。

最初に、Milleではヴィラロドラをお勧めするのは「白髪染め」の方がメインです。ファッションカラーにも

もちろん対応可能ですが「ブラウンベースのカラー」ですので、鮮やかな発色や透明感を求める方には

「オルディーブ・アディクシー」をお勧めしています。

 

まず1つ目の 低刺激   白髪染めの方にはMilleではリタッチ(生えてきた根元だけ染める) をお勧め

しています。白髪をきっちり染めるためにカラー剤は根元にしっかりと塗布しますが、この時にピリピリと

刺激が出ます。(お客様の体調によっても刺激の出方は違います) ヴィラロドラはこの刺激が他のカラー剤に

比べて穏やかです。(全くないわけではありません)

 

2つ目の 低アルカリ  カラー剤ですのでキューティクルを開き、染料を髪の内部に入れていかなければ

染まりませんが、通常のカラーよりもアルカリの含有量を減らすことでダメージの軽減を狙っています。

反対にアルカリを抑えていることで通常のカラー剤よりも発色に時間がかかります。(平均30分放置)

 

そして1番重要視をしているのが 低ジアミン であるということです。

白髪を染めたり、髪を暗くするのに ジアミン は欠かせません。ジアミン こそが ブラウン だからです。

なのでヘアカラーで色味が入っているものに ジアミン は必ず入っています。

しかし ジアミン にはアレルギーを起こす可能性があります。なので美容室や市販のカラー剤にも必ず

48時間前にパッチテストをしてください。と記載があるんです。 1度ジアミンアレルギーを起こすと、

ジアミンの入っているヘアカラーでは染められなくなります。そしていつアレルギーが出るかはわからないんです。

突然花粉症になるのと同じように・・・だから ジアミン は少ない方が良い。

アレルギーを起こすリスクの少ないものが良い。だって白髪染めはずっと続くから・・・

Milleに毎月来ていただいている80代の女性も「やっぱり白髪が気になるから」 と白髪染めを続けています。

早い方だと20代から白髪染めが始まります。可能性を残すためにも1回1回のリスクは減らすべきとの

想いから低ジアミンのヴィラロドラを採用しています。

(ヴィラロドラには一般的に一番アレルギーが起こりやすいとされている”パラフェニレンジアミン”は入っておりません)

しかしやっぱりそれでも ジアミン系 は入っているので ジアミンアレルギー を起こされた方には染める

ことはできません。

 

長く続くものだからこそこだわったものを・・・

 

詳しいネット予約の仕方はこちらをご覧ください

Mille hair
つくば市 東新井20-7 松田ビル102
029−828−7377 (当日予約はお電話でam9:30~pm18:00)

最終受付時間が変更しております。こちらをご覧下さい。
こちらから24時間ネット予約も承っております


関連記事
Mille Calendar