toggle
2019-07-21

スペシャルなトリートメント

こんにちは! katsuです

 

前回の続きです。。

 

じゃあ、 生きたケラチン ってなんぞや?

って事です。

 

ケラチンは 羊さんの毛から大体は作られています。 一部 水鳥の羽毛からのもありますが。。。

 

で、取り出したケラチンに いろんな処理をして、なんとか 髪にくっつけようとしてたんですね。

ケラチンにシリコンつけて、熱で吸着させようとしたり(ヒートアクティブ)

でも、そうじゃなくて、できるだけ純粋なケラチンがいいんですよね。。。。

 

それで、今までは活性ケラチンとして、 Sスルホケラチン  って言われてるやつ使ってたんです。

 

でも、これ分子量がでかすぎて、髪の内部には入らないと思うんです。分子量が30,000~40,000あるんで。

 

髪の表面にはすごい効果高いんで 今でも表面の処理には使いますけど。

 

で、ミルボンさんとかから、 活性ケラチンで低分子  っていうのも出たんですけどね。

CMADK  ってやつ。

 

で、活性ケラチンっていうのは、 酸性のものつけると 凝集して、繊維質なものになるんですよ。

で、アルカリつけるとまたシャバシャバに戻る。  これが「活性」 なんですけど。

CMADK では ここがよく分かんなかったですね。  いいモノではあるんでしょうけど。。

 

そうこうしてたら、 一緒に研究してる 美容師さんが見つけてきたんですよね。

 

低分子の活性ケラチン

 クローダ社 の Kereffect™ SD(ケレフェクトSD)  っていうんですけど。

 

クローダ社 っていろんな化粧品原料 を扱ってるんですけど、 この原料は日本に無くて。

フランス?だかイギリス?  だかで、 発売の情報を聞きつけて、なんと日本で商品化しちゃったんですよね。

で、一緒に研究続けてきて、 全国で講習会も開いて、  使いこなし方が見えてきて。。。

 

っていう  生きたケラチン  使います。

酸とアルカリ使うんで、 縮毛矯正や デジタルパーマなんかと相性がいいですね。

熱も使える方が良いんで。

 

こういうのが  ケミカレーション  です。

 

こういうの使ってやる トリートメント が katsuの Special treatment です。

後々は、 ケラチンケア って名前になっていくと思います

 

ケミカレーションでの施術

 

ここ2〜3年は こういうのずっと勉強して、研究して。

ようやく形になって、お客様に提供できるようになってきました。

 

美容業界でも ホントに 最先端 いってるんで、他では体験はできないですね。

あと2年 くらいかかるかもですね。 全国の美容室でできるようになるのは。

そしてその頃には 前回話した システムトリートメント とかは なくなっていくと思います。

 

でも、薬機法があるんで、 髪の毛 治します   っては決して言えないんです。。。

 

その気で やってますけど。。。

 

まだまだ伝えたいことはありますけど、今回はこの辺りで。

興味のある方はお気軽に聞いてください!!

 

長々と有難うございました!!

 

 

詳しいネット予約の仕方はこちらをご覧ください
Mille hair
つくば市 東新井20-7 松田ビル102
お問い合わせはこちらから

 

友だち追加


関連記事
Mille Calendar